女の人

肌のクレータートラブルを改善|治療で肌をキレイにする

効果的な治療方法

笑顔

ニキビ跡の中でもクレーター状のものは、肌に特に長く残ります。しかしフラクショナル炭酸レーザーやケミカルピーリングによって、早めに消すことが可能です。前者は肌に小さな穴をあけることで、後者は肌表面を剥がすことで、肌のターンオーバーを促すという治療です。これにより肌は、健康的な状態に生まれ変わるのです。

もっと見る

肌ダメージの改善

婦人

深さに違いがあります

ニキビや炎症の痕が、クレーター状に残ってしまうケースは多く見られます。このような痕は、それぞれ大きさや深さが異なるのが一般的です。クレーター部分が大きい場合は一見目立ちますが、発生部位自体は比較的浅い場合があります。一方、表面の凹凸が細かいクレーターは真皮の奥から発生していることがあり、治療も難しくなることが多いです。美容皮膚科では、このようなクレーターの違いに応じて適した機器で治療を行います。こういった医療機関では出力の異なる様々なレーザー機器を用意しているため、問題の箇所に適した機器を選んで的確な治療が可能です。発生部位が深いクレーターの場合には、肌の奥まで作用を届けられるレーザー機器を使用します。

組織の修復を促します

クレーター状のニキビ痕は、炎症によって肌の組織がいわばダメージを受けてしまった状態です。古い傷跡と同様に、一旦深く残ってしまったニキビ痕は自然に回復することがないのが常と言えます。美容皮膚科での治療は、レーザーなどを用いてダメージを受けた部分の修復を促すのが特徴です。レーザー光の刺激を受けることで肌の治癒力が引き出され、修復活動が始まります。肌の組織を構成しているコラーゲンは、こういった修復活動の鍵を握る成分です。コラーゲンの生成が活発になれば、通常はクレーターの部分が徐々に平坦になっていきます。このような皮膚の回復力を促すのが、美容皮膚科で提供されている治療です。新たな組織が生まれることで、概して肌のハリもアップします。

ニキビ跡の凸凹には

お医者さん

クレーター治療はいくつか種類があり、それぞれの程度によって使い分けると高い効果があります。また、クレーター治療は効果が実感でき、生活に支障がなく男性でも気軽に治療を受けることができることから人気となっています。

もっと見る

すべ肌に改善

女の人

クレーターは、ニキビの炎症により肌が破壊された状態です。程度の低いものであれば、セルフケアでかなり改善されるでしょう。しかし重症の場合は、医療機関で治療しましょう。クレーターの状態により、レーザーやフォトフェイシャルなど、様々な方法があります。

もっと見る